手稲病院トップページ > 手稲病院のご紹介

手稲病院のご紹介

病院長挨拶

現代社会では数々のストレスをうけており、こころの病は誰もがかかりうるもので特別な病気ではありません。当院では、うつなどのこころの病となったときに、一刻も早く回復し地域社会で生活ができるように、医師をはじめ看護師、精神保健福祉士、作業療法士、心理士など多くのスタッフが連携し最善を尽くして診療および生活の支援をいたします。

診療には最新の知見をとりいれ、標準的な診断および治療をおこなうことを心がけています。治療は、出来る限り通常の日常生活のなかで通院によって回復していただけるように努めていますが、それでも、病状が思わしくなく外来治療が限界となる場合、または日常の環境では治療が困難である時には入院治療が必要となります。

精神科の入院環境は、こころの病の治療と回復にとって非常に大切で大きな役割があると考えており、当院では療養環境に特に配慮しています。入院治療を始める病棟の病室は全てトイレのある個室となっており、主治医が病状に合わせて最適なタイプの個室を選択し、効果的に治療することで早期の退院を目指しています。

さらに地域のメンタルクリニックや医療機関と連携をして紹介入院を受け入れています。当院では入院治療のみを担当し、退院後は患者様が信頼する紹介もとのメンタルクリニックや医療機関に戻り、安心して入院前からの治療を継続していただくことが出来ます。

地域社会で生活するための支援としては、訪問支援や法人内の「こころサポートセンター手稲」でこれまでの地域生活支援の経験をふまえ、地域の福祉サービス事業所と連携を強化して就労や生活について支援をしています。

私たちは、こころ穏やかに誰もが安心して暮らせる社会の実現をめざしています。地域で本当に必要とされる医療機関でありたいと考えており、これからも心温まる診療に職員一同努めてまいります。

院長 澤山浩之

手稲病院 理念

手稲病院写真

良質で安全な療養環境を整え、
より良い精神科医療および福祉サービスを提供し、
地域で必要とされる医療機関を目指します。

手稲病院 概要

手稲病院

名称 医療法人澤山会 手稲病院
所在地 札幌市手稲区前田6条13丁目8番15号
理事長・院長 澤山 浩之
副院長 北市 雄士・高田 秀樹
開設日 昭和39年3月3日
診療科 精神科・心療内科・リハビリテーション科
病床数 232床

病院施設について

  • ストレスケアユニットストレスケアユニット
  • 一般個室一般個室
  • 作業療法室作業療法室
  • ストレスケアユニット個室ストレスケアユニット個室
  • リハビリホールリハビリホール
  • ロビー中庭ロビー中庭
  • 中庭中庭
  • 中庭中庭

360°写真

  • ロビー・待合・中庭

  • ストレスケア病室

  • 一般病室

  • リハビリホール

医師紹介

澤山 浩之 院長・理事長

経歴愛知医科大学 昭和62年卒、北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会、日本老年精神医学会
資格精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医、日本医師会認定産業医
コメント成人から高齢者の精神医療全般の診療をおこなっています。早期に回復していただけるように最適な治療を行ないます。

中山 誠 臨床精神薬理学センター長

経歴北海道大学 昭和58年卒、北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会、日本臨床精神神経薬理学会
資格医学博士、精神保健指定医、精神保健判定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会専門医
コメント個人的な志向としては統合失調症の臨床薬理学、司法精神医学に興味がありますが、診療上は精神医療全般を受け持っております。

北市 雄士 副院長

経歴北海道大学 平成8年卒 北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会、日本老年精神医学会、日本認知症学会、日本総合病院精神医学会、日本心身医学会、日本臨床薬理学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本医学教育学会
資格医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会専門医
コメント成人の精神疾患全般を診療しています。微力ではありますが、患者様の回復の手助けをできればと思っています。

高田 秀樹 副院長

経歴北海道大学 平成8年卒 北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会、日本総合病院精神医学会
資格精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、一般病院連携精神医学専門医・指導医
コメント成人の一般的な精神医療を担当しています。病院スタッフや地域の皆様と連携し、協働で診療していきたいと思います。

宮野 悟 診療統括部長

経歴北海道大学 昭和59年卒、北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会、北海道てんかん地方会
資格精神保健指定医、精神保健判定医、日本精神神経学会専門医・指導医
コメント精神疾患、精神障害の治療の多くは長い期間を必要とすることが多いため、患者さんと主治医の信頼関係が病状の改善に大きく影響します。このため日常の診療では、病状回復に最適であり、かつその患者さんも納得できる治療法をよく話し合いながら選択していきます。

菅原 康文 診療部長

経歴北海道大学 平成10年卒、北大病院にて研修
所属学会日本精神神経学会
資格精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本医師会認定産業医
コメント精神医学は日進月歩に変化しています。その進歩をできるだけ診療に反映させたいと思っています。

非常勤医師が5名います。

pagetop